瀬戸内海国立公園
エリアガイド 瀬戸の浜

御津周辺の観光エリアガイド

龍野城と龍野城本丸御殿
龍野城と龍野城本丸御殿 龍野城は鶏籠山頂の山城として築かれた後、現在の山麓を含めた平山城との二期に渡り造営されています。山城は約500年前に播磨の豪族、赤松円心の子孫・村秀によって築かれ4代続いた後、天正5年(1577年)豊臣秀吉に城を開渡しました。
その後は山麓の平山城となり、何度か城主交代がり、寛文12年(1672年)脇坂安治が53000石で入封し、以降は世襲して明治維新に至ります。
城主は赤穂城請取(「忠臣蔵」赤穂城明渡しの段)の安照、寺社奉行の時延明院事件を裁いて老中になった安董、井伊直弼が殺された桜田門外の変当時の老中安宅などが有名です。

所在地 兵庫県たつの市龍野町上霞城
時間 9:00~17:00
定休 毎週月曜日・祝日の翌日
入場料 無料
駐車場 無料
交通 当館より車で約30分
JR姫新線本龍野駅下車徒歩約20分。神姫バス龍野バス停下車徒歩約10分。
URL http://www.city.tatsuno.hyogo.jp/TatsunoTourist/
連絡先 龍野城 TEL:0791-63-0907
マップ Googleマップを別ウィンドウで開く

龍野御坊 圓光寺
龍野御坊 圓光寺 剣豪宮本武蔵が慶長年間の一時期、境内に道場を開き、弟子たちに指南していたといわれています。
「兵道鏡」をここで書いたともいわれています。





所在地 兵庫県たつの市龍野町下河原
時間  
定休 無休
入場料 無料
駐車場 無料
交通 当館より車で約25分
JR姫新線本竜野駅下車徒歩20分内
URL http://www.city.tatsuno.hyogo.jp/TatsunoTourist/
連絡先  
マップ Googleマップを別ウィンドウで開く

龍野武家屋敷資料館
龍野武家屋敷資料館 鉄砲師や鍛冶職として使えていた家系の芝辻平左衛門の屋敷全体を、龍野城下町の当時のようすを具体的に知るための資料として公開している資料館。当時の二人扶持、御流格の武家が生活した住宅として貴重な遺構とされる。



所在地 兵庫県たつの市龍野町上霞城
時間 10:00~16:00
定休 月曜日・祝日の翌日・年末年始(12月29日~1月3日)・その他、臨時休館あり
入場料 無料
駐車場 なし(龍野公園の駐車場、観光駐車場を利用)
交通 当館より車で約25分
JR姫新線本竜野駅下車徒歩20分内
URL http://www.city.tatsuno.hyogo.jp/TatsunoTourist/
連絡先 TEL:0791-63-9111
マップ Googleマップを別ウィンドウで開く

播磨の小京都・龍野城下町の風景
播磨の小京都・龍野城下町の風景 たうの市中心部の揖保川西岸は、「播磨の小京都」と呼ばれ、今なお武家屋敷や白壁土蔵など、江戸時代の建造物が日常の生活に生きる街並みです。龍野城をはじめ、寺社仏閣など、のんびりと巡ってみてはいかがですか。




所在地 兵庫県たつの市龍野町・龍野公園・龍野城周辺
時間 施設ごとに営業時間を設定
定休 施設ごとに休日を設定
入場料 施設ごとに入場料を設定
駐車場 各所に無料駐車場あり(龍野公園周辺は季節により有料になる)
交通 当館より車で約30分
JR姫新線本竜野駅下車徒歩30分内
URL http://www.city.tatsuno.hyogo.jp/TatsunoTourist/
連絡先 http://www.city.tatsuno.hyogo.jp/TatsunoTourist/で各施設をご覧下さい。
マップ Googleマップを別ウィンドウで開く

姫路城
姫路城 数多くの国宝・重要文化財・伝説などを有する姫路市のシンボル。奈良の法隆寺とともに1993年12月、日本で初めてユネスコの世界文化遺産に登録され、日本に現存する城の中でも世界的に高い評価を受けている。5層7階の華麗な大天守と3つの小天守などから成る連立式天守や白漆喰総塗籠造の白壁などは、白鷺城とも呼ばれる美しい景観を生み出している。

所在地 兵庫県姫路市本町68
時間 天守台は9:00~17:00(季節変動)、公園は開放
定休 無休・天守台は12/29~31休み
入場料 公園は無料・天守台は大人600円、小中学生200円
駐車場 近隣民営
交通 当館より車で約40分
JR姫路駅から北へ神姫バスで5分、徒歩で15分
URL http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle.html
連絡先 姫路城管理事務所 TEL:079-285-1146
マップ Googleマップを別ウィンドウで開く

書寫山圓教寺(書写山円教寺)
書寫山圓教寺(書写山円教寺) 姫路市の西北部の書写山に位置し、“西の比叡山”とも呼ばれる天台宗の古刹。康保3年(966年)、性空上人によって開かれて以来、修行道場として栄えた。国指定重要文化財の建造物や仏像も多い。参道には桜や紅葉の木立が並び、季節に応じた佇まいが感じられる。


所在地 兵庫県姫路市書写2968
時間 8:30~17:00(季節曜日によって変動)
定休 無休(12月に約1週間、ロープウェイが点検のため運休)
入場料 300円・食堂(じきどう)拝観料200円
駐車場 無料
交通 当館より車で約60分
JR・山陽電鉄姫路駅から神姫バス書写ロープウェイ下車。書写山ロープウェイ山上駅から徒歩15分。※書写山山上に循環バスあり
URL http://www.shosha.or.jp/
連絡先 書寫山圓教寺 TEL:050-3532-2379
マップ Googleマップを別ウィンドウで開く



海宿 瀬戸の浜 トップページ
 御津周辺の観光エリアガイド > 『歴史 』 コース
このページのトップへ







トップページへ 海鮮料理 法要料理 ご宴会 合宿パック 施設ガイド 館内ご案内 潮干狩り 海水浴 アクセスマップ エリアガイド 干潮時刻表

ご利用申込書のダウンロード